間接カードのやり方はたやすいです。クレジットでストレートに払えない物を直に払うという事ではなく間接的に購入する方が良いのです。解説が単純なので、最初に券の例を見ながら説明してみたいと考えます。とある人が一流のコートを手に入れたいとそれを見つめているとします。使いたい価値のある服を売っているショップでは買いたくてもカードで取引することが許されていません。ですがAmerican Express、NICOSなどの金券を利用すれば購入を許可してくれるのです。そこでモデルになる個人はカードで商品券を買い取りした後で商品券を売っている店舗に訪れカードを用いてVISA、MasterCard、NICOSなどのギフト券を取り寄せしました。次に用いたカードを使用して買い付けたAmerican Express、NICOSなどのギフトカードを売店に携帯していき、欲しかった有名なコートを買い付けたとします。「どうして商品券で購入した個人は上記のような煩わしいやり方をしているの?」と訝しむ人もいるかもしれませんが実を言えば解説した方法を使用するのだったら実際であったら獲得する事がないクレジットポイントがもらえます。通常、キャッシュを使って有名な銘柄のコートを購入したりしてもクレジットポイントはつきませんし、MasterCard、NICOSなどのギフト券を直接お金で取り寄せしてから用いてもポイントは獲得できません。一方解説した状況の時はVISA、NICOSなどのギフトカードをクレジットカードで注文したためブランドアクセサリーを購入した時と同等の分のカードポイントがもらえるのです。こういう場合が遠まわしにクレジットを運用した状態になるため直接商品を買うのでないクレジットカードと銘打たれている方法です。